50代LINE普及率85%突破!チャットでモノを売る時代がやってきた

アメリカ、ヨーロッパ諸国、中国のWEBサイトには
業種業態問わず、当たり前のようにチャットが配置されています。

電話やメールの他に、
企業とユーザがコミュニケーションを取る手段として
チャットが使われており、
もはや、WEBサイトにチャットがなければ
モノは売れないともいわれています。

チャットの利点の一つに
コンバージョンがしやすくなる、という点があげられます。

例えば通販サイトで洋服や靴を買うとき、
不安に思うことはないでしょうか?

サイズ感が知りたい
さわり心地を知りたい
いつ届くのか知りたい・・・etc

商品説明やレビューを読んでも、
いまいちピンとこない、不安が解消されない。
そのうち面倒くさくなって買うことをやめてしまう。

そのような経験はないでしょうか。
100401

リアルの店舗であれば店員さんに聞いてみることができますが、
インターネット上ではそうはいきません。

たとえ、電話番号が書いてあっても
問い合わせフォームがあっても、
ほとんどのユーザは、不安を解消しないまま
離脱をしてしまうのです。

最近はスマートフォンの普及により
WEBサイトへの接触時間が断片化され、
一つのWEBサイトを回遊することが少なくなりました。

知りたい情報がなければ離脱するのが当たり前、
一昔前と比べ、ユーザは諦めが早くなっているのです。

チャットはそのようなユーザに対し
次の2つの理由から、
最適なサポートを提供することが出来ます。

①短い文章で伝わる
②即時に返事が返ってくる

LINEやTwitter、Messengerなどの
コミュニケーションツールの普及により
ユーザは短文&即時のコミュニケーション、
会話に近いコミュケーションを求めています。

また、チャットは若い人のみ、
という感覚をお持ちの方も多いと思いますが、
LINEの世代別普及率は50代でも85%を超えています。

※世代別LINE普及率
 100403
 出典:MMD研究所/スマートフォン利用者実態調査

チャットはもはや、ほとんどの世代に対して対応できる
コミュニケーションツールとなっているのです。

ユーザのちょっとした不安を
短文&即時に解消させることができれば
コンバージョンがしやすくなる、というのは
至極当然のことなのです。
100402

もちろん短文&即時のコミュニケーションは
通販サイトに限ったことではありません。

金融、人材、教育やCtoC・BtoBサービスなど
あらゆるWEBサイトに共通したことです。

知りたいこと、不安なこと、気になることを、
WEBサイトの離脱前に解消させることが、
チャットでモノを売る時代に求められているのです。

まずは30日間無料トライアル!