チャットサポートツール導入の不安を一気に解消!!導入前の疑問点TOP3

今回は、
「チャットサポートツールを使ってみたいけれど、自社での運用は不安」
な方のために、
チャット導入前の方から、最もよく寄せられるご質問を3つまとめました。

チャットを導入される企業様の中には、
たくさんの疑問があり、すぐに導入するのは不安な方もいらっしゃると思います。
この記事を読むと、それらの疑問を解消し、
スムーズにチャットを導入できますので、ぜひお読みください。

導入前のよくある疑問(1)

チャットを導入すると、チャット画面をずっと見ていないといけないのか

まず、チャットを導入したいと思ったときには、

「チャットを入れてみたいけれど、
業務が忙しく、チャット画面をずっと見ていることができない。」

「チャットに気付くのに遅れると、お客様をお待たせしてしまい、
逆に悪い印象を持たれてしまうのではないか。」

という課題はよくでると思います。

チャットプラスならではの安心ポイント(1)

通知アプリ(スマートフォン・デスクトップ)などを併用いただくと、
チャットが始まったタイミングが通知されますので、
少ないリソースでも、すぐに対応することができます。

チャットの入ったタイミングで、音やプッシュで通知されます。
チャット画面をずっと見ている必要はございません。

電話が鳴るイメージを想像していただくと、わかりやすいと思います。
今までの業務をしながら、チャットにすぐ対応できます。

通知アプリは、
主たるデバイス(iOS、Android、Windows、Mac)に対応しております。

導入前のよくある疑問(2)

少人数の企業なので、チャット担当者をつけられない

次に、チャットを導入するうえでよくある疑問として、

「チャットを入れたらいいことはわかってるんだけど、
うちは人数が少ないから無理だな。
選任のオペレーターが必要なのでしょう?」

「あまり人員をさけないんだけど、一人で対応できるかな?」

という課題がでることもございます。

チャットプラスならではの安心ポイント(2)

●チャットプラスは、ひとつのアカウントを
 皆様でご利用いただけます(同時ログイン可能です)。
●一般的に、同時に5人くらいのお客様までは、話しかけ対応できます。

チャットというと、コールセンターのオペレーターのイメージが強いのか、
専任者が必要と考える方が多いようです。
担当の方を決めていただくのもひとつの運用方法です。
ただ、チャットプラスでは、必ずしもチャット専任の方をつけていただかなくても、
十分に運用が可能です。

なぜなら、チャットプラスでは、
ひとつのアカウントを複数人で使えるので、
会社やグループの皆様でアカウントを共有いただき、
そのときチャットをとれる人が返していく、という形をとれます。
チャット中に途中ではずさなくてはならなくなったとしても、
そのまま他の方がチャット中の会話を引き継げます。

また、チャットを入れることで、今までよりお問い合わせが増え、
例えば同時に複数のチャットが開始されたとしても、
一般的には、一人でも5チャットくらいは、同時に対応できるので、
少ない人数でも運用することが可能です。

導入前のよくある疑問(3)

24時間365日チャットに対応しなくてはいけないのか

最後に、

「会社が休みの日は誰も対応ができなくなってしまうけれど、
チャットはずっと開いたままなの?」

「最近はチャットがあるサイトが増えているから
本当はうちもやりたいんだけど、外出も多いから難しそう」

という声も多くいただきます。

チャットプラスならではの安心ポイント(3)

●チャット対応時間を設定できます。
●スマートフォンアプリを使って外出先からチャットを返せます。

一度チャットツールを入れると、
サイト上で、ずっとチャットが開いたままになってしまうのではないか、
と思われる方は多いようです。

チャット対応時間を設定し、
対応時間外は、非表示にしたりメールフォームに切り替えたりできますので、
会社やサイトのご状況に合わせて運用していただけます。
また、一時的に席をはずす際などは、ワンクリックで
チャットのオンオフを切り替えることもできます。

そして、スマートフォンアプリを活用いただくと、
外出先からも簡単にチャットに対応できます。

さて、チャットツールを導入ご検討中の皆様には、
運用についての、大きなご不安を解消していただき、
いつでもチャットが開始できるようになりました。

チャットルーツは日本ではまだ新しめのツールですが、
もうすぐ、サイトにチャットがあって当たり前の時代がきます。

以前の記事でご紹介させていただいたように、
チャットツールは、
・ユーザサポートとしての活用
だけでなく、
・マーケティングツールとしての活用
もできる、
あらゆる業種にマッチングするツールです。

「サポート」や「マーケティング」、
皆様それぞれの目的に合わせて、
チャットプラスをぜひ有効活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。