チャットボット(chatbot)のAPI連携を解説

チャットボットの導入にAPIを活用したいと考えている方もいるでしょう。APIを活用すれば、簡単かつ低予算でチャットボットを導入することができます。今回は、チャットボットのAPI連携とはどのようなものなのか、導入の効果や注意点などについて解説していきます。

人手不足が深刻化している現代において、ロボットが人間の代わりに対応をしてくれるチャットボットの需要は高まっています。有人での問い合わせ対応業務は数も多く労力を必要とするため、チャットボットを導入して業務の効率化を図りたいと考えるのが近年の自然な流れです。
チャットボットには数多くの種類がありますが、なかでもAPIが公開されているチャットボットを活用すれば、低予算で導入でき、人件費が削減できる可能性もあります。
「チャットボットのAPI連携は誰でもできるのだろうか」と心配に思う人もいるかもしれませんが、高度なプログラミング技術がなくても導入することは可能です。

本記事では、チャットボットAPIの基本的な内容と、導入後に得られる効果や気を付けるべき点について解説しています。後半ではチャットボットAPIを紹介していますので、サービスを比較して自社に合ったAPIを利用してください。

チャットボットとは自動会話ツールのこと

チャットボットとは、チャット(会話)を自動で行ってくれるロボットのことです。インターネットで企業などに問い合わせをしたことがある人なら、一度はチャットボットを使用したことがあるかもしれません。
チャットボットは、基本的にテキストのやり取りを通してロボットが質問に回答し、問題解決を図るものです。場所や時間を問わずいつでも対応可能なため、便利なツールとして世間に広く知られています。
チャットボットを導入する方法は、企業がリリースしているチャットボットサービスの月額料金を支払って利用するか、APIを活用するか、チャットボット作成ツールを使うなどいくつかあります。

チャットボットの種類

チャットボットは大きく分類すると2種類あります。どちらもそれぞれ特徴があるので、導入の目的に合うチャットボットを選んでください。

決められた応対を行うシナリオ型

シンプルかつ低予算で導入できるのがシナリオ型のチャットボットです。あらかじめユーザーが入力することが予測されるキーワードを登録し、そのキーワードに応じて決められた回答を行います。
ルールに従って回答をすることから、ルールベース型と呼ぶ場合もあります。

AIが搭載されている機械学習型

機械学習型のチャットボットは、受けた質問の内容から言語を学習するため、運用するほどに回答の精度が向上していきます。同じ意味を表しているけれども言い回しが違う場合や、表記ゆれにも対応しているのがAI搭載のチャットボットです。

チャットボットのAPI連携とは?

チャットボットのAPI連携とは

では、チャットボットAPIとは一体どのようなものなのでしょうか。
それを理解するためには、「APIとは何なのか」について知る必要があります。

APIとは「A(アプリケーション)P(プログラミング)I(インターフェース)」の略で、簡単に説明するとアプリやソフトフェアとプラットフォームをプログラミングでつなげるものです。
自社のサービスを使ってもらいたい企業と、サービスを活用したい企業をAPIで連携させることで、簡単に使いたい機能を実装させることができます。
例えば自社のホームページに会社の場所を地図で載せたいと思ったとき、地図を表示させるプログラムを1から組むのは非常に大変です。しかし、Googleが提供しているGoogleMapAPIを利用すれば、簡単に地図を表示させることができます。
表示させるだけでなく、必要に応じてカスタマイズすることも可能ですし、地図情報が変更されれば自動的に表示も変わります。
このように、APIとは簡単に利用したい外部サービスを連携できる便利なものです。

チャットボットAPIは、チャットボットの機能を公開している企業とプラットフォームを連携するものです。API連携後は必要な設定を行い、チャットボットを運用できるようになります。
自社の用途に合わせて、会話のパターンを組み込んだり想定されるキーワードを設定したりなど、さまざまなカスタマイズが可能です。

チャットボットAPIの導入で得られる3つの効果

チャットボットのAPI連携とは

APIを連携し、チャットボットを運用することで得られる主な効果を3つ紹介します。

1. 業務が効率化される

チャットボットを導入することで期待できる効果としてまず挙げられるのが、業務の効率化です。人が問い合わせ対応を行っていた場合、チャットボットを活用することでその分の人員を減らすことができます。
削減できた人員は別の業務に当てることができるので、社内全体の業務遂行に良い影響を与えることができるでしょう。

2. コスト削減につながる

チャットボットを導入するためのコスト以上に、問い合わせ対応などのカスタマーサポートに割く人件費の方が高くなる可能性があります。そもそもチャットボットAPIは無料で使用できるものもあり、導入コストがほとんどかからないため、大幅なコスト削減につながるでしょう。
また、人の場合は労働時間が決まっているのに対し、チャットボットは24時間動き続けてくれます。定期的なメンテナンスは必要ですが、導入後は少ないリソースで管理・運用できるのがチャットボットの特徴です。

3. 顧客満足度が向上する

チャットボットは顧客の入力した問い合わせ内容を解析して、入力されたキーワードからデータベースを参照して適切な返答を瞬時に行います。よくある質問や、簡単な内容はチャットボットだけで解決できることも多く、対応スピードが早いため顧客満足度の向上が見込めるのです。
チャットボットを導入しても複雑な質問には人が対応する場合もあるものの、対応数はこれまでより圧倒的に減少します。業務効率化が進むことにより、対応品質の向上につながるでしょう。

チャットボットAPIを活用するときの注意点

チャットボットは簡単に導入できコスト削減もできる便利なサービスですが、導入の際に注意しておくべき点もあります。

チャットボットに詳しい人材が必要

チャットボットAPIを活用するためには、ある程度チャットボットシステムに詳しい人材が必要です。APIを用いたチャットボットは高度なプログラミングの知識がなくても運用できますが、導入したらおしまいではありません。
特に、シナリオ型を導入する場合はキーワードの設定を工夫したり、質問のパターンを考えたりする能力も求められます。
また、運用後も管理していくなかで、シナリオの見直しを行う必要も出てくるでしょう。チャットボットを上手に活用するためにも、導入後は定期的にメンテナンスを行ってください。

有効活用されるまでに時間がかかる場合がある

今まで有人で問い合わせ対応をしていた企業が、APIを使ってチャットボットを導入したからといって、すぐにコストの削減ができるとは言い切れません。
まずはユーザーへの周知を徹底し、利用率を上げていかなければならないでしょう。そのため、チャットボットを設置したことを通知したり、設置場所を工夫したりといった業務が発生します。
また、AI搭載の機械学習型の場合は、会話のやり取りを数多く行わないと回答の精度が上がらないため、期待している効果が出始めるまでに時間がかかるかもしれません。

チャットボットAPIおすすめ5選

最後におすすめのチャットボットAPIを5つ紹介します。それぞれのサービスを比較して、自社のニーズに合ったチャットボットAPIを導入しましょう。

チャットプラス(Chat Plus)

AI会話機能やシナリオ設定、Q&A予測表示など、約5,000もの機能をもつチャットボットです。また、さまざまな業界を想定したテンプレートが豊富に用意されているため、業種・業態によらず導入しやすいでしょう。
さらに、連携可能なサービスが多いこともチャットプラスの特徴です。自社が使用しているシステムと連携すれば、より便利かつ効率的に活用できます。
月額は1,500円からと、用途に応じた料金プランが選べる点も大きな特徴です。

チャットプラス

IBM Watson Assistant

アメリカのIT企業IBMが開発した人工知能「Watson」を活用しています。日本語版があるため、英語が読めなくても安心して利用することができます。
機能が充実しており、言語処理能力も優れているため大手企業も取り入れているチャットボットAPIです。
IBM Watson Assistantは無料版も提供されていますが、本格的に使用するのであれば月額140ドル以上のコストがかかります。

IBM Watson Assistant

 

LINE Messaging API

日本人の多くが利用しているLINEからAPIが提供されています。プラットフォームはLINEに限定されますが、LINEでチャットボットを実装したいなら最適でしょう。デモ機能も搭載されているため、テスト環境で動作確認ができます。
Messaging APIの中にあるFlex Messageを活用すれば、選択ボタンのついたメッセージやカルーセルメッセージを自動で送ることも可能です。

LINE Messaging API

Facebook Messenger

Facebookメッセンジャーで使用できるチャットボットAPIです。FacebookはSNSのなかでも企業の使用率が高いため、ユーザーからのメッセージを自動で返信したいときにチャットボットが活かせます。
作成は無料でできるものがあり、またメッセージの返信だけでなくおすすめの商品を提示する機能も備わっているため、マーケティングに力を入れたい場合にも活用できるでしょう。

Facebook Messenger

Google Dialogflow

Google Dialogflowは、Googleアカウントで利用することができます。有料のサービスですが、Googleアシスタントにも使われている人工知能が搭載されているため、チャットボットを使用する際も自然に感じるでしょう。
まだ新しいチャットボットAPIなので日本語対応に不十分なところもありますが、機能の充実性は確かなのでさまざまな用途で活用したい場合におすすめです。

Google Dialogflow

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E BooK:70%の問合せにチャットボットで自動応答し
売上を30~200%増やす全手法

チャットシステム導入にあたり

  • 何を出来るかわからない
  • 自分に必要かわからない
  • 導入方法がわからない
  • 成果が上がるかわからない

などとお悩みではないですか?

このE Bookには、我々が数多くのサイトを活性化するうえで見つけた

  • チャットサポートシステムの利点
  • チャットサポートの体制
  • チャットボットの設計方法
  • 顧客満足度を高めるチャット術

が書かれており、読むと「チャットボットを使うと何が出来るのか。」「どうすれば失敗せずに成果を上げられるか」を体系的に理解できます。AI、チャットボットの最先端を走るチャットプラスだからこそ知っている究極の無料EBookを、いまなら無料でダウンロードできます。(全47ページ)


もっと詳しく見る

SNSでもご購読できます。