チャットボットを徹底比較!【最新】目的別チャットボット導入ガイド

チャットボットの導入を検討して調べてみると、種類の多さに驚き、比較するのに疲れたことはありませんか?

多くの企業でチャットボットの導入が始まり、それに合わせて多様なチャットボットが開発されています。チャットボットは機能数が多いと安心できますが、その分コストがかかります。自社にとって必要な機能は何かを考えることで、コストを抑えることが可能です。

本記事では、自社に必要な機能を備え、コストに見合うチャットボットサービスを導入したい方に向けて、目的別のチャットボットサービスを紹介します。ぜひ参考にしてください。

チャットボットとは

チャットボットは、「チャット(会話)」と「ボット(ロボット)」を組み合わせた言葉であり、音声やテキストによる自動会話プログラムのことを指しています。パソコンやスマートフォンから操作を行い、チャット形式でよくあるお問い合わせに自動応答することが可能です。

チャットボットは大きく分けて、「AI非搭載型」と「AI搭載型」の2種類があります。AI非搭載型は、作成したルールやシナリオに基づいて自動応答します。一方AI搭載型はデータを学習して分析し、精度の高い回答をすることが可能です。

また、FAQ連携や有人対応機能、アンケート機能、外部システム連携などチャットボットには、多様な機能が備わっています。

チャットボットについて詳しくは、こちらをご覧ください。
チャットボットの機能を徹底解説。自社に必要な機能を見つけよう

チャットボット導入の目的

チャットボットの導入を検討する企業は、まず導入の目的を明確にすることが大切です。目的がはっきりすると、自社に必要な機能を搭載するチャットボットを選べるようになります。

チャットボット導入の主な目的には、以下の5つが挙げられます。

  • お問い合わせ対応を自動化して業務効率化を目指す
  • WEBサイトやLPのコンバージョン数を増やす
  • 24時間365日お問い合わせに対応して、顧客満足度を上げる
  • 問い合わせ対応にかかるコストをカットする
  • 外国語でのお問い合わせにスムーズに対応する

ここからは、上記を詳しく見ていきましょう。

お問い合わせ対応を自動化して業務効率化を目指す

お問い合わせ対応を自動化し、業務効率化を目指したい場合に、チャットボットが導入できます。

コールセンターやカスタマーサポート、ヘルプデスクなどのお問い合わせ窓口では、電話やメールによる問い合わせ件数の多さに、悩みを抱える企業も多くあります。電話やメールなど従来の問い合わせ方法では、対応件数が多くなるほどオペレーターの負担が大きくなってしまうのが大きな課題です。

また、オペレーターが問い合わせ対応と新人教育や採用、事務処理など他の業務を並行しているケースもあり、スタッフの業務量の多さは深刻な問題となっています。

上記の問題解決にチャットボットを導入すれば、お問い合わせ対応の自動化により、業務効率化を図ることが可能です。具体的にはよくあるお問い合わせに自動応答することで、オペレーターの対応件数を減らします。これによりオペレーターの業務量が削減し、新人教育や採用、複雑な問い合わせへの対応などのコア業務に専念できるでしょう。

問い合わせ対応の業務効率化に必要な機能には、以下のようなものが挙げられます。

  • 自動学習機能(AI搭載型)……蓄積したデータをAIが学習して解析し、精度の高い回答を導き出す機能。継続したメンテナンスの実施により、全体の回答率をアップできます。

  • FAQ連携……FAQとチャットボットを連携することで、ユーザーは短時間で知りたい情報にたどり着けるようになります。最初にチャットボットによる質問でユーザーの抱える悩みや疑問を読み取り、その後適切なFAQへ導きます。

  • 有人対応連携……チャットボットの自動応答では解決が難しい複雑な質問などは、オペレーターの対応に切り替えられます。再度電話やメールで問い合わせることがなく、その場でオペレーターにつなげられるのが大きな特徴です。

WebサイトやLPのコンバージョン数を増やす

WebサイトやLPのコンバージョン数をアップしたいという目的に、チャットボットを活用できます。

「WebサイトやLPでの離脱率が高く、思うような成果を得られずに悩んでいる」という課題を持つ企業も少なくありません。せっかく予算をかけてWebサイトやLPを設置しても、売上アップにつながらないと、本来の目的を達成したとはいえないでしょう。
このような課題解決にチャットボットを導入すれば、見込み顧客の獲得や既存顧客のロイヤリティの向上、コンバージョン率の最大化などを図れます。

具体的には、適切な場面で「何かお困り事はありますか?」といった質問を提示してユーザーに働きかけることで、ユーザーとの接点を増やします。また、「会員登録」や「メールマガジンの配信」「ダウンロード資料の配布」などのポップアップを提示して氏名や住所、メールアドレスなどの顧客情報を得ることで、リードの獲得につなげられるでしょう。
他にも、既に商品やサービスを購入しているユーザーとチャットによる自然なコミュニケーションを図ることで、既存顧客のロイヤリティを向上できます。また、蓄積した会話データを分析してユーザー毎の興味、関心事を推測するなど、マーケティングツールとしても活用できます。

WebサイトやLPのコンバージョンアップに必要なチャットボットの機能を、以下に記載しました。

  • レコメンド機能……閲覧回数の多い質問や関連商品などの情報を提示し、ユーザーに適切な商品やサービスをレコメンドする機能。リードの獲得やコンバージョンアップなどに役立ちます。

  • ログ解析機能・レポート機能……ログ解析機能とレポート機能を合わせて活用することで、会話履歴やサイトの閲覧状況などを分析し、グラフによるレポートを作成します。抽出したレポートは、見込み顧客の獲得などのマーケティングに活用できます。

  • アンケート機能……問い合わせが終わった後に、「この対応はいかがでしたでしょうか?」など質問を表示し、ユーザーの満足度を効率的に調査する機能。収集したアンケート結果は、マーケティング資料として活用できます。

24時間365日お問い合わせに対応して、顧客満足度を上げる

24時間365日お問い合わせに対応して顧客満足度を上げる目的に、チャットボットを導入できます。
電話やメールによる従来の問い合わせ方法では、夜間や休日などの問い合わせに対応していないケースも多く、顧客満足度の低下が多くの企業で問題視されていました。また、夜間や休日にオペレーターを配置すると、多くのコストがかかることも課題となっています。
このような問題の解決にチャットボットを導入できます。チャットボットでは、自動応答により24時間365日の対応が可能です。これにより、夜間や休日など営業時間外のサイト訪問者を取りこぼすことなく対応でき、ユーザーは知りたい情報を即座に得られます。

24時間365日お問い合わせ対応できるチャットボットの機能には、以下のような内容が挙げられます。

  • ルール・ベース型(AI非搭載型)……作成したルールやシナリオに基づいてチャットボットが自動応答します。24時間365日の対応が可能です。

  • 自動学習機能(AI搭載型)……蓄積したデータをAIが学習して精度の高い回答を導き出します。24時間365日対応できます。

  • 有人対応連携……昼間は無人対応と有人対応、夜間や休日は完全無人対応にするなど、無人対応と有人対応を柔軟に切り替えられます。

問い合わせ対応にかかるコストをカットする

問い合わせ対応にかかるコストをカットしたい場合に、チャットボットの導入が適しています。
電話やメールによる問い合わせ対応では、オペレーターの配置にコストを要するのが難点です。特に対応件数が増えるにつれてオペレーターを増加させてしまうと、多くの人件費がかかってしまいます。また、夜間や休日の問い合わせ対応にオペレーターを配置すると、その分コストが必要です。

上記の問題解決にチャットボットを導入すれば、問い合わせ対応にかかるコストを削減できます。チャットボットではよくある質問を自動応答できるため、多くのオペレーターを配置する必要がなくなります。また、夜間や休日などの時間帯も、自動化による対応が可能です。
チャットボットによる自動応答でオペレーターを雇う必要がなくなると、その分教育にかかるコストも削減できます。

問い合わせ対応にかかるコストをカットする目的に利用できる機能を、以下にまとめました。

  • ルール・ベース型(AI非搭載型)……作成したルールやシナリオに基づいてチャットボットが自動応答する機能。よくある質問を自動化することで、問い合わせ対応のコストをカットします。

  • 自動学習機能(AI搭載型)……蓄積したデータをAIが学習して分析し、精度の高い回答を行います。完全無人運用も可能であり、人件費を大幅に削減できます。

  • FAQ連携……FAQとチャットボットの連携により、ユーザーは短時間で必要な情報にたどり着くことができます。チャットボットの自動応答により、人件費を減らします。

  • 有人対応連携……無人対応と有人対応を柔軟に切り替えられます。有人対応にオペレーターを配置することで、人件費をカットできます。

外国語でのお問い合わせにスムーズに対応する

チャットボットを導入すれば、外国語でのお問い合わせにスムーズに対応できます。

電話やメールによる問い合わせ方法では、英語や中国語などの多言語に対応するスタッフをわざわざ雇う必要があり、その分コストがかかるのが難点です。
チャットボットの多言語対応の機能を活用することで、この問題を解決できます。多言語対応を搭載したチャットボットを活用すれば、自動応答を必要な言語に変更して表示できます。多言語対応のスタッフを雇うよりも簡単に問い合わせに対応できるのが、大きなメリットです。

ホテルやレストランなどの外国人観光客向けの事業や、海外の取引先に向けて、チャットボットの多言語対応を活用する企業が増えています。

多言語対応機能……問い合わせ対応を日本語以外の言語に切り替えられる機能。10か国以上の言語など、多くの言語に対応するチャットボットもあります。

【目的別】チャットボットの比較

チャットボット導入の目的に合うツールには、どのようなものがあるのでしょうか? 
ここからは、以下の目的別に合うチャットボットを詳しく紹介します。

  • お問い合わせ対応を自動化できる、AI型チャットボット
  • コンバージョン数を増やす、マーケティング特化型チャットボット
  • 多くの問い合わせに対応できる、シナリオ数が多いチャットボット
  • コスト重視!月額費が安いチャットボット
  • 他言語対応しているチャットボット

お問い合わせ対応を自動化できる、AI型チャットボット

お問い合わせ対応を自動化できるAI型のチャットボットを、以下にまとめています。約5,000以上の機能を搭載するタイプや、ノーコードでAI型のチャットボットを搭載できるタイプなど、ツールによって異なる特徴があります。

機能面や料金設定などをしっかりと確認し、自社に合うツールを選びましょう。

コンバージョン数を増やす、マーケティング特化型チャットボット

チャットボットを導入する際は、マーケティングに特化したツールを選ぶと、コンバージョン数を増やし、売上アップに効果的です。マーケティング特化型のチャットボットは、データの収集や分析が簡単にできるなど、効率的にマーケティングを行えるのが特徴的です。

マーケティング特化型のチャットボットを以下に記載しています。

多くの問い合わせに対応できる、シナリオ数が多いチャットボット

シナリオ型チャットボットの導入を検討する企業は、シナリオ数が多いチャットボットを選びたいところです。

以下に、多くの問い合わせに対応でき、シナリオ数が多いチャットボットをまとめました。導入実績が非常に多く、安心して利用できるツールや初心者でも使える簡単操作が魅力のツールなど、それぞれに特徴があります。

コスト重視!月額費が安いチャットボット

月額費用が安く、コストパフォーマンスに優れたチャットボットを、以下にまとめました。最も費用が安いチャットボットでは、初期費用0円、月額費用1,500円から利用できます。

費用面と機能性を照らし合わせながら、以下の一覧表を参考にして、自社に合うチャットボットを選びましょう。

他言語対応しているチャットボット

海外に取引先がある企業や、外国人観光客向けの事業を展開する企業などは、多言語対応のチャットボットを選ぶのがおすすめです。チャットボットにこの機能を搭載することで、多言語に対応するスタッフを雇う手間が省けます

多言語対応しているチャットボットの一覧を以下に記載しています。海外向けの事業に多言語対応の機能を上手く活用しましょう。

チャットボット選びで外せない3つのポイント

チャットボット選びでは、外せない以下の3つのポイントがあります。

  • 相談できる窓口があるかどうか
  • コストに対して貢献の費用対効果があるか
  • 他のシステムのとの連携があるか

ここからは、上記の3つを詳しく解説します。

相談できる窓口があるかどうか

相談窓口があるかどうかは、チャットボット選びで重視したいポイントです。

チャットボットを導入する際は、導入方法や各機能の設定方法などに関して、不明点や疑問点を抱くケースも少なくありません。また、運用開始後はデータを分析し、メンテナンスを継続的に行うため、導入後のサポートが必要になることも多いでしょう。
そのためチャットボットを選ぶ際は、相談窓口があり、疑問点にすぐに対応してくれるようなサポート体制の整ったツールにするのがおすすめです。
具体的には、ホームページや資料請求などから、チャットボットのサポート体制の充実度を確認しましょう。また、導入実績などを閲覧し、実際に企業がどのようなサポートを受けているのかを事前に把握するのもおすすめです。

電話やメール、チャットなどで気軽に質問できるなど、サポート体制の整ったツールを選びましょう。

コストに対して貢献の費用対効果があるか

いくら高額なコストをかけても、高い費用対効果を得られなければ、チャットボット導入の効果は薄れてしまいます。

チャットボットを選ぶなら、コストに対して高い貢献度があるようなツールを選定したいところです。具体的には、無料トライアルなどのお試しプランがあるツールや、選べる料金プランがあり、機能性も充実しているツールなど、価格面と機能性の両方に優れたチャットボットを選ぶのがおすすめです。
高額なコストをかけた割に、費用対効果が得られないといったことにならないよう、しっかりとツールを確認して厳選しましょう。

他のシステムのとの連携があるか

チャットボットを導入し、将来的には他のシステムとの連携を考えている場合は、API連携の機能を搭載するツールを選びましょう。API連携は、CRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)、LINEやSlackなど他のシステムと連携できる機能です。

例えば、チャットボットとCRMの連携により、顧客情報と会話データを結びつけ、顧客毎に情報を管理できます。また、SlackやLINEなどと連携することで、チャットボット上でこれらのツールの送受信ができ、業務連絡などに役立ちます。

API連携の有無を調べ、どのようなシステムと連携できるのかなど、チャットボットの機能面をしっかりと確認しましょう。

まとめ

チャットボットを検討する際は、まずどのような目的でチャットボットを導入したいのかを考えることが大切です。チャットボットを導入する主な目的には、以下のような内容が挙げられます。

  • お問い合わせ対応を自動化して業務効率化を目指す
  • WEBサイトやLPのコンバージョン数を増やす
  • 24時間365日お問い合わせに対応して、顧客満足度を上げる
  • 問い合わせ対応にかかるコストをカットする
  • 外国語でのお問い合わせにスムーズに対応する

目的が明確になると、自社に合うチャットボットを選ぶことができます。

例えばWebサイトのコンバージョン数を増やしたい場合は、マーケティングに特化したチャットボットを選ぶ、低価格でツールを導入したい場合は、月額料金が安いチャットボットを選ぶなどの選択肢が見えてくるでしょう。
また、無料お試しプランがあるチャットボットであれば導入を前提にしながら、設定方法や導入後のイメージを試すことができます。

チャットプラスでは、10日間の無料トライアルを実施しています。マーケティング支援、お客様窓口、社内ヘルプデスクなどさまざまな場面で活用され、導入企業は10,000社以上に及びます。
チャットプラスの無料トライアルで、チャットボットの使いやすさや機能を試してはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E BooK:70%の問合せにチャットボットで自動応答し
売上を30~200%増やす全手法

チャットシステム導入にあたり

  • 何を出来るかわからない
  • 自分に必要かわからない
  • 導入方法がわからない
  • 成果が上がるかわからない

などとお悩みではないですか?

このE Bookには、我々が数多くのサイトを活性化するうえで見つけた

  • チャットサポートシステムの利点
  • チャットサポートの体制
  • チャットボットの設計方法
  • 顧客満足度を高めるチャット術

が書かれており、読むと「チャットボットを使うと何が出来るのか。」「どうすれば失敗せずに成果を上げられるか」を体系的に理解できます。AI、チャットボットの最先端を走るチャットプラスだからこそ知っている究極の無料EBookを、いまなら無料でダウンロードできます。(全47ページ)


もっと詳しく見る

SNSでもご購読できます。