LINEと連携できるチャットボットが無料!?ビジネス活用しませんか?

LINEと連携できるチャットボットの種類3つ

ユーザーが非常に多いLINEは、ビジネスシーンでも活用することができます。LINEを使ったチャットボットを導入している企業も増えてきました。
ここでは、LINEと連携できるチャットボットを3種類紹介します。

1. 応答メッセージ

LINEと連携できるチャットボットの一つ目は「応答メッセージ」です。
応答メッセージは、LINEの公式アカウントに標準装備されています。あらかじめ設定されている特定のキーワードを受信した際に、テンプレートのメッセージが自動返信される機能です。
反応するためのキーワードと自動返信のメッセージを設定しておくだけでよいため、扱いがとても簡単です。ただし、汎用性は広くなく、限られたケースでしか利用できないというデメリットもあります。

2. AI応答メッセージ

AI応答メッセージもLINE公式アカウントに標準装備されている機能です。相手からのメッセージに対してもっとも適切と考えられるテンプレートを送ることができます。
なお、内容は「一般的な質問」「基本情報」「業種別テンプレート」「予約情報」というカテゴリーに分けられており、簡単なメッセージに対して適切な回答が行えます。
AI応答メッセージは、人の目で見てそれぞれ対応するのに比べ、時間や手間を省くことが可能です。上手に活用することで、業務の効率化につながるでしょう。
ただし、複雑な質問やメッセージに対応するのが難しい点は要注意です。

3. Messaging APIを使ったメッセージ

LINEの公式アカウントに標準装備されているものではなく、Messaging APIをLINEと連携して使うこともできます。これは外部サービス が提供している チャットボットとLINEの連携であるため、原則無料ではありません。
コストパフォーマンスがよいもの、性能がよいものを選んで活用することが重要です。

LINEとチャットボットを連携するメリット4つ

LINEとチャットボットの連携には、いくつものメリットがあります。
ビジネスシーンで活用するメリットにもつながるため、今後チャットボットの利用を考えている方はチェックしてみましょう。

1. LINEとチャットボットの親和性

LINEとチャットボットの親和性の高さは、それだけで大きなメリットです。
LINEのユーザーは数多く、日常的にメッセージを送っています。そのため、LINEを使って問い合わせや確認を行うことに、あまり抵抗を感じないという方も少なくないでしょう。
ユーザーや顧客が気軽に問い合わせができるため、ストアの利用が増えたり顧客満足度が向上したりすることが期待できます。

2. 新たな顧客の開拓

LINEのユーザーは全国で8,000万人から9,000万人と言われており、非常に大きなコミュニティです。
LINEに広告を出したり、チャットボットを活用したりすることで、幅広い客層にアプローチすることができます。LINEを頻繁に活用する人も多いので、LINEの公式アカウントを見てもらえる確率も高くなるでしょう。

3. 顧客を能動的にする

一般的に電話やメールで問い合わせるのは面倒くさいと感じる人が多いですが、LINEであればチャットボットを利用してみようと思う人が増えるかもしれません。それまで受動的だった顧客が能動的に行動することになるので、ビジネスでの活用が期待できます。
チャットボットはサービスや商品に興味を持ったらすぐに問い合わせできるスピード感が魅力なのです。

4. 顧客に継続的にアプローチできる

LINEのチャットボットを導入すれば、顧客に継続的にアプローチできるようになります。
実店舗やECサイトの場合、顧客が訪ねてきてくれなければ継続的なアプローチは不可能でした。しかし、LINEであれば、キャンペーン情報などをメッセージとして送ることができ、継続的に情報を届けることができます。
顧客に対して、継続したアプローチが可能なのがLINEのチャットボットのメリットです。

LINEの無料チャットボット機能を利用する方法

LINEで無料のチャットボットを利用する方法はそれほど難しくありません。

まずは、LINEでの公式アカウントについて解説します。
LINE for Businessにアクセスすれば簡単に公式アカウントの開設が可能です。具体的な方法は、以下のような手順となります。

1.LINE公式アカウントの管理画面からチャットボットを連携する。
2.「設定」にアクセスし、「応答モード」を「チャット」に設定する。

この後は、応答メッセージとAI応答メッセージどちらを利用するかによって手順が変わります。
まず、応答メッセージを使用する場合には、挨拶メッセージと応答メッセージを設定しましょう。
AI応答メッセージを利用するのであれば、カテゴリーごとに最適なメッセージを作成します。カテゴリーは「一般的な質問」「基本情報」「業種別テンプレート」「予約情報」があるので、自分の店舗や会社に合わせた回答を作成しましょう。
AI対応メッセージを作成し、機能をオンにすれば、AI応答メッセージの設定は完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E BooK:70%の問合せにチャットボットで自動応答し
売上を30~200%増やす全手法

チャットシステム導入にあたり

  • 何を出来るかわからない
  • 自分に必要かわからない
  • 導入方法がわからない
  • 成果が上がるかわからない

などとお悩みではないですか?

このE Bookには、我々が数多くのサイトを活性化するうえで見つけた

  • チャットサポートシステムの利点
  • チャットサポートの体制
  • チャットボットの設計方法
  • 顧客満足度を高めるチャット術

が書かれており、読むと「チャットボットを使うと何が出来るのか。」「どうすれば失敗せずに成果を上げられるか」を体系的に理解できます。AI、チャットボットの最先端を走るチャットプラスだからこそ知っている究極の無料EBookを、いまなら無料でダウンロードできます。(全47ページ)


もっと詳しく見る

SNSでもご購読できます。