企業健康保険組合でチャットボット導入はチャットプラスに決まり

チャットボットを導入する4つのメリット

企業健康保険組合(企業健保)でチャットボットを導入するなら、チャットプラスがおすすめです。チャットプラスを活用すれば、業務効率化や残業時間の削減を実現し、担当者のストレスを軽減できます。気軽に質問ができるため、利用者の満足度も高まるでしょう。

企業健康保険組合(企業健保)の業務を効率化するためには、チャットボットの導入がおすすめです。繰り返し寄せられる質問に対してチャットボットが自動的に回答してくれるため、担当者の負担を減らし、業務を効率化できるでしょう。

本記事では、チャットボットを導入するメリットや活用シーンなどを詳しく紹介します。企業健康保険組合で多く活用されているチャットプラスの機能についても紹介しますので、ぜひチェックしてください。

チャットボットを導入する4つのメリット

チャットボットを導入する4つのメリット
チャットボットを導入することには、業務を効率化できる、気軽に質問できる、膨大なFAQページを作成する必要がなくなる、などのメリットがあります。それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

1. 業務を効率化できる

業務を効率化できることは、チャットボットを導入する大きなメリットです。チャットボットは、これまで人間が個別に対応してきた多くの質問に対して、自動的に回答してくれます。自然言語処理や人工知能の技術が発達したこともあり、チャットボットは質問内容を把握した上で適切な返答をしてくれるため、ロボットと会話するような不自然さはほとんどありません。

何度も同じような質問に回答する必要がなくなるため、担当者は本来の業務に集中できるでしょう。残業時間の削減や生産性の向上、担当者のストレス軽減なども期待できます。

2. 気軽に質問できる

チャットボットに気軽に質問できることは、利用者にとってのメリットといえるでしょう。わざわざメールを作成したり電話をかけたりして質問する必要もありません。簡単な文章を入力するだけでチャットボットが返答してくれるため、スピーディーに疑問を解決できます。

相手が人間ではないため、「こんなことを聞いて大丈夫かな…?」などと気にする必要もありません。細かいことを気にせずに質問できるため、利用者の満足度は高まる傾向にあります。また寄せられた質問を分析することで利用者側が疑問に感じやすい内容を把握して、Webサイトの情報を充実させることも可能です。

3. 膨大なFAQページを作成する必要がなくなる

チャットボットを導入すれば、Webサイトに膨大なFAQページを作成する必要がなくなります。さまざまな質問に対応しようとすると、膨大な量のFAQページを作成しなければなりません。FAQページの作成には手間やコストがかかるだけでなく、管理や更新も必要なため注意が必要です。

FAQページが役立つ場面もありますが、あまりに情報量が多いと、利用者が目的の回答に辿り着く前に諦めてしまうケースもあります。チャットボットを導入してFAQページの内容を組み込んでおけば、自動的に回答してくれるため、FAQページ管理の手間を省きつつ利便性を高められるでしょう。

4. 24時間対応できる

24時間365日、いつでも質問に対応できることは、チャットボットを導入するメリットのひとつです。利用者は、平日の夜や休日などでも、時間を気にせずに質問して疑問を解消できます。知りたいことをすぐに知れるため、利用者の満足度は向上するでしょう。

チャットボットの活用シーン

チャットボットの活用シーン

チャットボットは、お客様窓口、社内ヘルプデスク、マーケティングなど、さまざまな場面で活用されています。ここでは、代表的な活用シーンをご紹介していきます。

1. お客様窓口

お客様窓口での対応業務を効率化するために、チャットボットを導入する企業も増えてきました。チャットボットを活用すれば、似たような質問への対応に追われることはありません。電話やメールによる問い合わせの対応工数を削減できるため、業務効率化や人手不足の解消につながるでしょう。

お客様対応の品質を統一することも可能です。人間が回答すると、どうしても担当者によって対応にバラつきが出てしまいますが、チャットボットを活用すれば対応品質を均一化できます。対応業務の属人化を防止し、利用者の満足度を高めたい場合は、チャットボットを導入するとよいでしょう。

2. 社内ヘルプデスク

チャットボットは、社内ヘルプデスクでも利用可能です。人事や総務、情報システムなど、社員からの問い合わせが多い部署で導入しておけば、業務効率化を図れます。

健康診断や年末調整、人事異動や引越し手続きなど、さまざまな質問への対応を自動化できるでしょう。年末や月末といった問い合わせが集中しやすいタイミングでも業務を効率よく進められます。

3. マーケティング

チャットボットを活用してマーケティングを行い、新規顧客の開拓や売上アップを図ることも可能です。Webサイトにチャットボットを導入すれば、利用者との接点を増やし、コンバージョン率や成約率のアップを狙えます。チャットの内容や履歴を分析して課題を把握したり、商品やサービスの内容を改善したりも可能です。

利用者ごとの興味や関心を分析し、適切なコンテンツへ誘導することも可能です。気軽にやり取りできるチャットボットだからこそ、利用者のさまざまなニーズを引き出せます。利用者に合った対応ができるため、満足度や購買意欲の向上を期待できるでしょう。

健康保険組合におけるチャットボット活用例

健康保険組合におけるチャットボット活用例

チャットボットは、健康保険組合でももちろん活用できます。具体的には、健康診断や各種書類に関する問い合わせ対応、保養施設や給付金についての案内などに活用可能です。以下、健康保険組合におけるチャットボット活用例を紹介します。

1. 健康診断に関する問い合わせ対応

健康診断や人間ドックの時期になると、問い合わせが殺到して対応に追われるケースも多いでしょう。同じような質問に繰り返し答えることで、ストレスを感じる方もいるかもしれません。

チャットボットを導入すれば、検査内容や受け方などに関する質問に自動で対応してくれます。担当者は別の仕事に集中できるため、効率よく業務を進めることが可能です。

2. 各種書類の発行

各種書類に関する問い合わせ対応や発行も、健康保険組合における手間のかかる業務のひとつです。健康保険組合には、配偶者の認定や組合への加入などに関する書類について、さまざまな質問が寄せられます。似たような質問が多いため、チャットボットを活用して対応を自動化するとよいでしょう。

3. 契約保養施設に関する案内

健康保険組合で契約している保養施設や、提携している宿泊施設に関する質問が寄せられるケースもあるでしょう。どのような施設を利用できるのか、どのように予約すればよいのか、といったことを知らない人も多く、直接問い合わせがくる場面もあります。定型的な内容も多いため、チャットボットを活用してスピーディーに対応するのがおすすめです。

4. 給付金に関する案内

給付金に関する質問も、健康保険組合で対応すべき業務のひとつです。出産育児一時金や傷病手当金などの申請方法や必要書類に関する質問を受ける場面も多いでしょう。手続き方法などの案内をチャットボットに組み込んでおけば、スムーズに対応できます。

健康保険組合でチャットボットを導入するならチャットプラスがおすすめ

健康保険組合でチャットボットを導入するならチャットプラスがおすすめ

健康保険組合にチャットボットを導入するなら、チャットプラスがおすすめです。導入することで、多くの問い合わせ対応を自動化できます。人員が不足していても、チャットボットを利用することで工数を削減して業務を効率化することでうまく対応できるでしょう。

チャットプラスは、使いやすく、顧客満足度の高いチャットボットツールです。日本マクドナルド健康保険組合、パナソニック健康保険組合、ファイザー健康保険組合、日立健康保険組合など、大手企業の健康保険組合でも利用されています。

以下、チャットプラスの特徴を紹介しますのでチェックしておきましょう。

1. 簡単に導入できる

簡単に導入できることは、チャットプラスの大きな特徴です。企業健康保険組合(企業健保)での導入実績も多いため、ノウハウやテンプレートも充実しています。

シナリオ設定や運用も簡単にできるため、初めてチャットボットを導入する人でも心配はありません。テンプレートを使いながら自由にカスタマイズして、独自のチャットボットを作成できます。フリーワードに対してもAIが自動で意味を認識して回答くれるため、利用者の利便性を高められるでしょう。

2. サポート体制が充実している

サポート体制が充実していることもチャットプラスの特徴のひとつです。導入から運用まで、スタッフが丁寧にサポートします。不明点がある場合は、電話やメール、チャットなどで質問できるため、困ることはないでしょう。必要に応じて、Web会議や対面でのアドバイスを受けることも可能です。

3. 13言語に対応している

チャットプラスは、日本語や英語はもちろん、スペイン語、ドイツ語、フランス語、中国語など、13の言語に対応しています。さまざまな国籍の社員に対応できるため、グローバルに事業を展開している企業の健康保険組合にも適しています。。

4. さまざまサービスと連携できる

チャットプラスは、以下のような外部サービスと連携することも可能です。

● Slack
● Zoom
● LINE
● Salesforce
● kintone
● Googleアナリティクス
● Googleカレンダー

既に導入しているチャットサービスやカレンダーなどとも連携して、より効率的に、かつ分かりやすく問い合わせに対応できるようになります。

5. データを分析できる

チャットデータを分析できることも、チャットプラスの特徴のひとつです。チャットプラスでは、チャットボットの起動回数や項目ごとのクリック数、離脱率など、さまざまなデータを蓄積して分析できます。データは管理画面で簡単に確認できるため、チャットボットの利用状況を把握した上で、シナリオを改善することも可能です。

チャットプラスの料金プラン

チャットプラスには、さまざまな料金プランがあります。必要なアカウント数や機能に合わせて適切なプランを利用しましょう。初期費用は発生せず、月額1,650円(税込)から利用できます。

導入費用を抑えたい場合は、ミニマムプランがおすすめです。アカウントは1IDのみですが、チャットやレポートなどの基本機能を利用できます。まずはチャットプラスの機能を試してみたい、という場合におすすめです。

さまざまな機能を活用して業務効率化を進めたいなら、ライトプランが適しているでしょう。基本機能を使えるだけではなく、デザインのカスタマイズやチャットの詳細設定も可能です。

チャット内容をしっかりと分析したい場合は、ビジネスプランが向いています。質問が多い項目などを把握して分析することで、Webサイトや対応方法を改善することもできるでしょう。

オプションも充実

必要に応じて、さまざまなオプションを利用することも可能です。オリジナルチャットデザイン制作のオプションを利用すれば、組合のイメージに合ったチャットに工夫できます。チャットプラスにて、デザインを承ることもできるので、お気軽にご依頼ください。

オリジナル機能カスタマイズのオプションを利用すれば、組合の希望に合ったチャットシステムを実現できます。チャットプラスは自社開発のシステムであるため、自由なカスタマイズが可能です。各種サービスとの連携などを実現したい場合にご利用ください。

10日間無料トライアルで使い勝手を試せる!

チャットプラスを使いこなせるか不安、機能やデザインを実際に見てみたい、という場合は、10日間の無料トライアルをご利用ください。シナリオの設定方法や管理画面の使い勝手を確認できます。

チャットプラスを導入して企業健康保健組合の業務を効率化しよう!

チャットプラス

今回は、チャットボットを導入するメリットや活用シーンなどを紹介しました。チャットボットを活用すれば、人間が対応してきた多くの質問に自動的に回答してくれるため、業務効率化を図れます。時間を気にせず気軽に質問できるため、利用者の満足度も高まるでしょう。

企業健康保険組合でチャットボットを利用するなら、チャットプラスがおすすめです。チャットプラスは、さまざまな健康保険組合での導入実績も多く、ノウハウやテンプレートが充実しているため安心して利用できるでしょう。

導入から運用まで丁寧にスタッフがサポートしますので、初めてチャットボットを利用する場合でも心配はありません。まずは10日間の無料トライアルで、機能や使い勝手を試してみてください。

「チャットプラス」のサービス詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E BooK:70%の問合せにチャットボットで自動応答し
売上を30~200%増やす全手法

チャットシステム導入にあたり

  • 何を出来るかわからない
  • 自分に必要かわからない
  • 導入方法がわからない
  • 成果が上がるかわからない

などとお悩みではないですか?

このE Bookには、我々が数多くのサイトを活性化するうえで見つけた

  • チャットサポートシステムの利点
  • チャットサポートの体制
  • チャットボットの設計方法
  • 顧客満足度を高めるチャット術

が書かれており、読むと「チャットボットを使うと何が出来るのか。」「どうすれば失敗せずに成果を上げられるか」を体系的に理解できます。AI、チャットボットの最先端を走るチャットプラスだからこそ知っている究極の無料EBookを、いまなら無料でダウンロードできます。(全47ページ)


もっと詳しく見る

SNSでもご購読できます。