【chatbotの活用方法】Facebookメッセンジャーボットとは?

ユーザー同士でやり取り

Facebookメッセンジャーは、Facebookでつながりのあるアカウントとメッセージを送受信できるアプリです。

さらにチャットボットを導入すれば、コメントの作成・送信が自動化されます。特にビジネスアカウントの運営においては、業務効率化やコスト削減を図れるため、有意義な機能です。

今回はFacebookメッセンジャーボットのメリット・デメリット、機能、導入時のポイント、おすすめの連携ツールを紹介します。

Facebookメッセンジャーとは

Facebookメッセンジャーとは
Facebookメッセンジャーとは、Facebook上で友達としてつながっているアカウントと、個別にコミュニケーションを取りたいときに必要となるアプリです。Facebookメッセンジャーではテキストでのコミュニケーションの他、無料通話やボイスメモ、画像・動画などの送受信も可能です。

Facebookアプリにはメッセージ機能は付いておらず、ユーザー同士でやり取りを交わす際は、別途Facebookメッセンジャーが必要になります。メッセンジャーは登場以来、日々新たな機能が追加され、現在ではメッセージ専用アプリとして、単体での利用も可能になりました。

LINEのように既読機能が付いており、読まれたメッセージには相手のプロフィールアイコン画像が表示されます。

相手に自分がいる位置を知らせる位置情報機能が備わっているのも特徴です。トークルーム上の「+」ボタンを押すと出てくる位置情報ボタンを押すと、自分の位置を示した地図が表示されます。

Facebookメッセンジャーボットとは

ユーザー同士でやり取りを交わす
Facebookメッセンジャーボットは、Facebookメッセンジャーで届いたメッセージに対して、自動的にコメントの返信を行う機能です。メッセンジャーボットは、特に企業が運営するビジネスアカウントで効果を発揮します。顧客からの問い合わせ対応を自動化できるため、業務効率化に大きく貢献します。

顧客にとっても
Facebookメッセンジャーボットは、疑問や悩みに対して即座に返信をもらえる便利な機能です。サービスの内容や製品の使い方などで分からないことがあっても、電話で問い合わせするのは気後れしてしまう人は多いでしょう。そんなときFacebookメッセンジャーボットならSNS上でやり取りが完了するので、より気軽に問い合わせをできるようになります。

Facebookメッセンジャーボットのメリット・デメリット

Facebookメッセンジャーボットのメリット・デメリット
Facebookメッセンジャーボットを使用すれば、ユーザーにメッセージを送る過程を自動化できます。問い合わせへの返信以外にも、シチュエーションに応じて自発的にコメントを送ることも可能です。

ここで、Facebookメッセンジャーボットを利用するメリット・デメリットを解説します。

3つのメリット

企業がFacebookメッセンジャーボットを導入するメリットは、次の3つです。

● 無料で作成できる
● ユーザーニーズの把握に役立つ
● 見込み顧客の可視化に役立つ

Facebookメッセンジャーボットは、連携する外部サービスを活用することで、無料で作成が可能です。一般的なチャットボットの導入には費用がかかる場合が多く、コストをかけずに自動化・業務効率化を進められることは大きな利点です。

また蓄積した問い合わせデータを活用すれば、ユーザーニーズの把握にも役立てられます。例えば商品の購入店舗に関する問い合わせが多い場合、実際に手を取ったり試したりしてから購入したいというニーズが多いと推察できます。このため、取扱い店舗の増加、キャンペーンの開催など具体的な策を講じ、マーケティングへ活かすことが可能です。

メッセンジャーボットへの問い合わせ時は個人情報の入力が不要なので、ユーザーは気軽にアクションを起こせます。問い合わせをしたユーザーは、実際にそのお店を利用したことはなくても、興味や関心がある場合が多いです。見込み顧客と捉えて、PRをかければ、サービスや製品の利用に結び付く可能性は高いでしょう。

2つのデメリット

企業がFacebookメッセンジャーを活用するデメリットは、次の2つです。

● 複雑な問い合わせには回答しにくい
● アプローチできる層が限られる

チャットボットは定型的な質問には瞬時に回答を導き出せる反面、自由記述に近い複雑な問い合わせへの対応が難しいという特徴があります。AIチャットボットなら今までのやり取りから学習し、回答のパターンを増やしていけますが、それでも限界はあるのです。

また、Facebookはビジネス用途が中心のSNSであるため、リーチできる層に限りがあります。実際のところ、Facebookは世界的には最も普及しているSNSですが、日本に限るとLINEの利用者数におよびません。

Facebookメッセンジャーボットで使えるメッセージタイプは4つ!

Facebookメッセンジャーボットで使えるメッセージ機能は以下の4つです。

● 標準メッセージ
● ワンタイム通知
● プライベート返信
● ニュースメッセージング(β版)

標準メッセージ

標準メッセージはユーザーから受信したメッセージに対して、自動でテキストを返す機能です。ユーザーがコメントを送信すると、事前に設定した回答が自動送信されます。

単にメッセージを返信するだけでなく、相手方のFacebook登録アドレスを取得し、メールマガジンや割引クーポンを流すことも可能です。Facebookメッセンジャーマーケティングと呼ばれ、従来のメルマガに代わる新しいマーケティング手法として注目を集めています。

ワンタイム通知

ワンタイム通知は企業側が通知許可のリクエストを送付し、ユーザーが承諾のアクションを起こすと、許可後1年の間に、一度だけメッセージを送ることができる機能です。

キャンペーンや新製品発売のお知らせ、新機能アップデートの通知など幅広い場面で使えます。うまく利用すれば、企業とフォロワーのエンゲージメント強化に役立つでしょう。

プライベート返信

プライベート返信はFacebookの企業ページに訪問したり、コメントをしたりしたユーザーに対して、個別にメッセージを送付できる機能です。

ニュースメッセージング(β版)

ニュースメッセージング(β版)はページの更新が発生したときに、お知らせのメッセージを流せる機能です。

Facebookでチャットボットを作成する際のポイント5選

Facebookメッセンジャーボットをビジネスで有効活用したいときに抑えるべきポイントは、以下の5つです。

● 導入の目的を明確にする
● まずは小さく始めてみる
● エラーメッセージを設定する
● 文字以外にも、さまざまなコンテンツの利用を検討する
● ボットだけで全て対応しようとしない

1.導入の目的を明確にする

導入する前に、Facebookメッセンジャーボットを活用して何を実現したいのか、目的を明確にしましょう。目的の一例としては、業務効率化や見込み顧客の発見などが挙げられます。

導入目的が明確であれば、それに応じてツールを有効活用できます。

例えば、新規顧客が増えたので、従業員1人当たりのパフォーマンスを高めて業務効率化を推進する目的で、Facebookメッセンジャーボットを導入したいとしましょう。この場合、顧客からの問い合わせに対するメッセージの自動化が主な役割となります。

他方、マーケティングに活かすことが目的なら、ワンタイム通知やプライベート返信を活用して、企業側からユーザーへコンタクトを取る必要があります。

目的が曖昧なまま導入してしまうと、ツールをうまく使いこなせない可能性が高いです。競合他社の多くが使っていると、競争心や取り残される不安から「うちも使用したい」と思うかもしれません。しかし、単に安心感を得たいだけで導入するのは控えた方がよいでしょう。

2.まずは小さく始めてみる

無料で利用可能なFacebookメッセンジャーボットですが、費用をかけることで、精密なメッセージや機能の拡充など、より高度なサービスを提供できます。しかし最初から完璧な状態を目指すより、始めたばかりのうちはコストを極力抑えた方が、効率的な運用に近づきます。

検証・改善を続けながら、実装レベルを高めていった方が大きな失敗を防げるでしょう。

3.エラーメッセージの設定は忘れずに

Facebookメッセンジャーボットを導入しても、全ての問い合わせに答えられるわけではありません。機械では回答できないメッセージに出くわした際に、答えられない旨を伝えるエラーメッセージの準備が必要です。

単に回答不可と伝えるだけではユーザーの不満を誘発しかねないため、有人対応の窓口も合わせて案内した方が親切です。メールアドレス・電話番号・対応可能な時間帯・部署名など必要な情報を記載し、有人の窓口へとつなげます。

4.文字だけでなく、さまざまなコンテンツの利用を検討する

状況に応じて、テキスト以外のコンテンツを組み合わせて、配信内容にバリエーションを持たせましょう。文字だけのコミュニケーションは、時として淡泊で冷徹な印象を与える場合があります。
文末に絵文字を添えるだけでも、親しみやすく友好的に感じられ、ユーザーが抱く印象は変わるはずです。

他にも、電話で相手が不在のときにボイスメッセージを送信すれば、かけ直すことなく要件を伝えられるでしょう。

メッセージに自社サイトのURLを載せて、アクセスにつなげるという手法もあります。自社への興味・関心を持たせるきっかけになる他、売上向上の効果も期待できます。

5.全てをボットで置き換えようとしない

チャットボットは決して万能なツールではありません。全ての作業を任せようとはせず、オペレーターとの二人三脚で対応する心構えを持ちましょう。

簡単な問い合わせはFacebookメッセンジャーボットに任せて、難しいものは有人で対応というように業務を分担すると、ユーザーの利便性が高まります。
また、特定の年代に絞って、ツールを導入するのも有効です。Facebookメッセンジャーボットは幅広い層へのアプローチは苦手な反面、Facebookをビジネス利用している人が多い年代には効果的に接触できます。

Facebookの利用者が多い30代以上をターゲットに据えたビジネスならば、Facebookメッセンジャーボットは大きな力を発揮するでしょう。

Facebookと連携できるチャットボットサービス9選

Facebookメッセンジャーは開発者向けのAPIを公開しており、一定のプログラミング知識を持っていれば、自社サイトへ実装することが可能です。
「プログラミング知識がないと厳しいのでは」と不安を抱くかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

プログラミングの知識がない方がチャットボットの導入を目指す場合、作成ツールの活用がおすすめです。ここでは、Facebookメッセンジャーと連携できる、代表的な外部ツールを9つ紹介します。

チャットプラス

チャットプラス
シナリオ型・AI型のどちらにも対応している高性能チャットボットです。幅広い業界を想定して、豊富なテンプレートが準備されているため、業種・業態にかかわらず導入しやすいのが特徴です。
LINEやSalesforceなど連携可能なサービスも多く、自社で導入しているツールと合わせれば、より効率的に利用できます。

操作も簡単で、自社サイトへのボットの設置は自動生成されたタグを埋め込むだけで完了します。料金体系もリーズナブルで使い勝手に優れたツールだといえるでしょう。

hachidori

hachidori
hachidoriは蓄積されたノウハウを活用して、顧客の成果実現を強力に支援するAIチャットボットです。
高度なシナリオ設計力を備えているのが強みです。豊富な開発実績を活かして、初期段階から成果につながる仕組みを構築できます。

会話エンジンも高性能で、高い正答率の実現だけでなく、やり取りのデータを分析して、回答の精度を高めることも可能です。経験豊富なカスタマーサポートによるサポートも受けられるので、KPIの達成に近づけるでしょう。

AWS Lambda

Amazonが提供するAWS Lambdaはサーバーレスでプログラムを開発・実行できるツールです。通常の場合、プログラミングの構築にはサーバーを準備し、実行の間、起動し続ける必要がありますが、AWS Lambdaならこれらの手間を全て省けます。

セキュリティ強度が高く、処理能力に優れるプラットフォームであることも魅力です。容易に拡張性を出せるため、変化が激しいビジネスの現場では重宝するでしょう。

Chatwith

Chatwith
ChatwithはFacebookメッセンジャーを通じて、メディアニュースを配信できるツールです。チャットでキーワードを指定し特定の記事を検索できる機能や、定期購読機能などを備えていることが特徴です。

ユーザーに対して、彼らが読みたい記事を絞って配信することが可能なため、エンゲージメントの向上にも適しています。東洋経済オンラインや産経ニュースなど、知名度が高いメディアも導入しています。

ジールス

ジールス
ジールスはチャットボットと広告を融合した、画期的なサービスを提供するツールです。広告をクリックしたユーザーの画面にはチャットが表示され、企業側はヒアリングを通じて、適切な商品・サービスを提案できます。

ランディングページのように自社で作成したコンテンツを流すのではなく、ユーザーの意見をダイレクトに反映できるのが特色です。よりコンバージョンを意識した広告運用を希望するなら、ジールスはおすすめのサービスです。

reply.ai

テンプレートが充実しており、プログラミングの専門知識不要で、スプリクトやフローを変更できるツール。Facebookメッセンジャー以外にも、LINEをはじめ、複数のメッセージングアプリに対応しています。

ドラッグ&ドロップの、直感的な操作で使えるのも魅力の一つです。チャットボットだけでは対応が難しい難解な問い合わせでは、そのままオペレーターにつなげられるため、利用する価値は高いでしょう。

AI Messenger

AI Messenger
AI Messengerは回答精度が高いことが特徴のサービスです。AIが答えられなかった質問を選び出して表示し、チューニングまでの時間短縮に成功しました。

ユーザーから即座にフィードバックを得られる機能も搭載。顧客対応の見直しに役立ち、業務改善に適しています。

有人チャットを並行して導入できるのも強みで、24時間365日、専属のオペレーターが対応することが可能です。顧客満足度の向上を目指しているなら、AI Messengerの活用を推奨します。

Rebot

Rebot
Rebotはユーザーの発言内容に応じて、適切な回答を返せる会話性の高さが特徴です。問い合わせで頻繁に使われるテキスト・キーワードを定義づけることで、相手の発言意図まで解釈してレスポンスをします。

対話を通して、必要な情報を聞き出せるため、ユーザーはまるで人間と話をしているような感覚で自然にやり取りを交わせます。

HubSpot

HubSpot
CRMシステムのHubSpotにはチャットボット作成機能が標準搭載され、無料で利用可能です。チャットでのユーザーとのやり取りは全てCRMに蓄積され、データを利活用することで、対応の平準化やスムーズな会話を実現します。

さらにテンプレートの数が豊富で、連携できるツールの種類も多く、利便性が高いツールだといえます。

「チャットボットを導入したいが参考になるシナリオがない」「簡単に自社サイトへチャットボットを導入したい」などの希望を持つ方は、ぜひHubSpotの利用を検討しましょう。

まとめ

Facebookメッセンジャーボットは、無料で作成できコストを抑えられるだけでなく、マーケティングや見込み顧客の発見にも役立つ利便性が高いサービスです。
一見するとFacebookとチャットボットの連携は難しそうに思えますが、作成ツールを使えば、プログラミングの専門知識不要で手軽に作成できます。
ぜひ、Facebookメッセンジャーボットを有効活用し、ビジネスの拡大に役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料E BooK:70%の問合せにチャットボットで自動応答し
売上を30~200%増やす全手法

チャットシステム導入にあたり

  • 何を出来るかわからない
  • 自分に必要かわからない
  • 導入方法がわからない
  • 成果が上がるかわからない

などとお悩みではないですか?

このE Bookには、我々が数多くのサイトを活性化するうえで見つけた

  • チャットサポートシステムの利点
  • チャットサポートの体制
  • チャットボットの設計方法
  • 顧客満足度を高めるチャット術

が書かれており、読むと「チャットボットを使うと何が出来るのか。」「どうすれば失敗せずに成果を上げられるか」を体系的に理解できます。AI、チャットボットの最先端を走るチャットプラスだからこそ知っている究極の無料EBookを、いまなら無料でダウンロードできます。(全47ページ)


もっと詳しく見る

SNSでもご購読できます。