既存のフォームに値を追加する(テキストフォーム)


チャットボットのテキストフォームに入力された内容を、既存ページ内のフォームに反映させることができます。

ビジネスプラン以上でご利用可能な機能です。

 
以下では例として「問い合わせをしたい」というボタンがクリックされた時にテキストフォームを表示し、入力結果をページ内の既存のフォームに反映する方法をご案内いたします。
サンプルページ

設定方法

(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「チャットボット+」をクリックします。


(3)「パーツ追加」ボタンをクリックします。


(4)「基本情報」の「パーツ名」「概要」欄に入力します。


(5)「ルール」の「ルールを追加」ボタンをクリックします。


(6) (5)で表示される「表示ルール」の、1つめのプルダウンから「お客様の発言」をクリックして選択し、2つ目のテキストエリアに「お問い合わせしたい」と入力、3つめのプルダウンから「一致する」をクリックして選択します。


(7)「アクション」のプルダウンから、「テキストフォーム」をクリックして選択します。


(8) (7)で選択したアクションの一つ下の「アクション」のプルダウンから、「フォームに値を追加」をクリックして選択します。


(9)「フォームセレクタ」欄に、既存ページの「form要素のID」を入力します。


(10) テキストフォームの「名前」欄に、既存ページのform内の項目「name属性」を入力します。

「form要素のID」や「name属性」は、デベロッパーツールを利用して確認することができます。 フォームが設置されているページを表示した状態で、Windowsであれば「F12」、Macであれば「Command + Option + i」を入力することで、デベロッパーツールをご利用いただけます。
■デベロッパーツール の使い方の詳細は、こちらのページをご参照ください。
■「form要素のID」「name属性」の詳細な確認手順については、本ページ下部をご覧ください。

(11) 必要に応じて項目を追加し、ラベル、送信後アクションを設定します。


(12)「更新」ボタンをクリックします。

form要素のID、name属性の確認方法

デベロッパーツールを使用して「form要素のID」と「name属性」を確認する方法をご説明します。

(1) 値を追加したい既存のフォームページを開いた状態で、デベロッパーツールを起動します。

デベロッパーツール の使い方の詳細は、こちらのページをご参照ください。

(2) デベロッパーツール左上にある選択モードボタンをクリックします。


(3) 値を反映させたい入力フォーム枠内に、マウスカーソルを合わせます。


(4) 該当のフォームのコードが表示されるので、「form要素のID」は「id=」の部分を、「name属性」は「name=」の部分を確認します。

他にも値を反映させたい入力フォームがあれば、同様の方法で確認します。

シェアする

フォローする

  • RSSを