NGワードを設定する

ChatPlusではNGワードを設定できます。NG ワードを設定すると、特定の文字例が含まれるメッセージは送信できなくなります。NGワードは訪問者、担当者ともに設定できます。
※NGワードの設定は、プレミアムプラン以上で設定ができます。

設定方法

訪問者

チャットプラスのログイン画面から、右上の歯車マークをクリックし以下の通りに進みます。
(1) チャット > 機能 > NGワード

(2) 訪問者でNGワードを入力し、追加ボタンをクリックします。

(3) オプションの枠「訪問者側警告文」に訪問者に表示される警告文を入力し、更新ボタンをクリックします
例:「送信できないワードが含まれています。大変恐れ入りますが、再度入力をお願いします。」

「訪問者がNGワードを送信したらシステムメッセージを残す」にチェックを入れると、訪問者が入力したNGワードがチャット対応画面に表示されます。

(4) 訪問者は入力枠にNGワードが含まれたテキストを入力します。

(5) 送信をクリックすると、設定した警告文が訪問者に表示されます。

(6) 訪問者が入力したNGワードがチャット対応画面に表示されます。

(7) 入力した文章を修正すると、送信できます。

担当者

チャットプラスのログイン画面から、右上の歯車マークをクリックし以下の通りに進みます。
(1)
チャット > 機能 > NGワード

(2) 担当者でNGワードを入力し、追加ボタンをクリックします。

(3) 担当者側警告文を入力して、更新ボタンをクリックします。
例:「送信できないワードが含まれています。再度入力をお願いします。」

(4) 担当者が入力枠にNGワードの含まれたテキストを入力します。

(5) 送信ボタンをクリックすると、設定した警告文が表示されます。

(6) 入力した文章を修正すると、送信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする