チャット・チャットボットとWEB広告を連動させる

チャットプラスでは、アクションしたユーザーに対してリターゲティングなどの広告配信をするよう設定することができます。
例えば、このようなことができます。

チャットボットで
・「ご登録前の方はこちら」を押した訪問者を広告配信の対象にする
・簡易見積を行い、予算規模が大きい訪問者を広告配信の対象にする
・「当社への提案はこちら」を押した訪問者を広告配信の対象から除外する
※逆営業への広告予算を抑える
 
スコアリングが高い訪問者広告配信の対象にする
■対象外、クレーマーなど、チャットオペレーターが独自のタグを訪問者に手動付与し、広告配信の対象から除外する
■チャットボットで診断を作りサイコグラフィックに沿った、広告配信をする
例) 恋愛力診断などで、
・「いつまでに結婚したいか」といった選択肢を出す
 →早く結婚したいユーザに広告配信をする
・浪費癖診断などで、家族に内緒で大きな買い物をしてしまう「YES」or「NO」といった選択肢を出し「YES」を押したユーザに広告配信をする(家庭内決裁権がある)

 
以下の手順に従って、設定を進めてください。

ビジネスライトプラン以上でご利用可能な機能です。
1.任意のチャットボットを作成する
2.Google広告の設定 -イベントの作成-
  ■チャットプラスでテンプレートのイベントを作成する
  ■Google Analytics画面の確認
  ■チャットプラスで任意のイベントを作成する
3.Google広告の設定 -Google Analytics側の設定-
  ■GoogleAnalyticsでオーディエンスリストを作成する
  ■Google広告に作成したリストを紐づける
4.Facebook広告の設定 -イベントの作成-
  ■チャットプラスでイベントを作成する
5.Facebook広告の設定 -GoogleTagManagerの設定-
  ■トリガーの設定
  ■タグの設定
6.Facebook広告の設定 -カスタムオーディエンスの作成-

マニュアルご提供:株式会社キーワードマーケティング
 

シェアする

フォローする

  • RSSを