チャットボットプラスによるGoogleAnalyticsカスタムイベント発火

チャットプラスは、GoogleAnalyticisへイベント発火ができます。
定型的なイベントを発火する場合は、外部アプリ連携>GoogleAnalyticisで設定できます。よりカスタムされたイベントを指定の条件を満たした時に発火させる場合は、チャットボットプラスで設定ができます。ここでは、チャットボットプラスを使ってGoogleAnalyticisへカスタムされたイベントを発火する手順をご説明します。

設定方法

(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「チャットボット+」をクリックします。


(3)「パーツ追加」をクリックします。


(4)「パーツ名」「概要」を入力します。 ※画面右上のIDの欄は空欄で構いません。チャットボットプラス作成時に自動でIDが割り振られます。


(5) アクションのプルダウンから「イベント発火」をクリックして選択します。


(6)「対象」枠内をクリックして「GA(GoogleAnalytics)」を選択し、「イベント名」枠内に任意のイベント名を入力します。


(7) イベント本文に、以下のコードを入力します。

{ "hitType": "event", "eventCategory": "Chatplus", "eventAction": "conversion", "eventLabel": "*", "eventValue": "1" }

・"hitType"、"eventCategory"、"eventAction"、は必須です。
・"eventValue"には整数を入れてください。
・本文は正常なJSON形式である必要があります。
・項目の順番は任意です。
※本文に入力するイベントについて詳しくはこちらをご覧ください。

(8) "event"の他にも、違うhitTypeを入力する事で他のコマンドを実行できます。 以下がその他のhitType例です。詳しくはこちらをご覧ください。


(9)「更新」ボタンをクリックします。


(10) チャットボットプラスのルール一覧から、設定したルールを「ON」にすると、起動ルールを満たしたときに、GoogleAnalyticsに指定のイベントを発火できるようになります。
※クリックすると、「ON/OFF」が切り替わります。

シェアする

フォローする

  • RSSを