リッチエディタで文字を装飾する

チャットプラスでは、チャットボット、チャットボット+のアクション「メッセージ」や、初回メッセージ登録時など、リッチエディタで文字を装飾することができます。

チャットボット登録時

(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「チャットボット」をクリックします。


(3) 「+自動応答を追加」ボタンをクリックします。


(4) 「リッチエディタを起動」ボタンをクリックします。


(5) リッチエディタが起動するので、枠内にチャットボットに登録する内容を入力します。


(6) 装飾したい文字列をドラッグして選択し、画面上部のボタンをクリックして装飾します。

同じ文字列に対し、複数の装飾をすることもできます。
(1) 装飾したい文字列をドラッグして選択し、画面上部のボタンをクリックして、1つ目の装飾をします。
※ここでは文字色の変更を選択しています。


(2) 1つ目の装飾が反映されていることを確認します。


(3) 1つ目の装飾範囲も含めた文字列をドラッグして選択し、画面上部のボタンをクリックして、2つ目の装飾をします。
※ここでは太字を選択しています。


(4) 2つの装飾が反映されていることを確認します。

使用できる装飾は、太字、斜体、下線、文字サイズ変更、文字色変更、背景色変更、リンクの挿入などです。

(7) リッチエディタウィンドウ右上の「×」ボタンをクリックして閉じます。


(8) チャットボット発言枠内に、装飾が反映されていることを確認します。

チャットボット+のアクション「メッセージ」登録時

(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「チャットボット+」をクリックします。


(3) アクションのプルダウンから「メッセージ」をクリックして選択します。


(4) 「リッチエディタを起動」ボタンをクリックします。


(5) リッチエディタが起動するので、枠内にメッセージの内容を入力します。


(6) 装飾したい文字列をドラッグして選択し、画面上部のボタンをクリックして装飾します。

使用できる装飾は、太字、斜体、下線、文字サイズ変更、文字色変更、背景色変更、リンクの挿入などです。

(7) リッチエディタウィンドウ右上の「×」ボタンをクリックして閉じます。


(8) チャットボット+発言枠内に、装飾が反映されていることを確認します。

ボタンはありませんが、チャットボット+のアクション「メッセージ+選択肢」でも、リッチエディタを使用できます。
「Alt」+「Shift」+クリック(MACはOption+Shift+クリック)すると、リッチエディタウィンドウが開きます。
※マウスカーソルを合わせると、案内文が表示されます。

初回メッセージ登録時

ボタンはありませんが、初回メッセージの登録時もリッチエディタを使用できます。

(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「初回メッセージ」をクリックします。


(3) 枠内で「Alt」+「Shift」+クリック(MACはOption+Shift+クリック)すると、リッチエディタウィンドウが開きます。
※マウスカーソルを合わせると、案内文が表示されます。