特定ルールを使ってメッセージやスタンプを時間差で表示する

「特定ルール実行」というアクションを利用すると、メッセージを時間差で表示することができます。
「ありがとうございます」というチャットボットを起動した3秒後に、お辞儀しているキャラクターを表示する方法を以下でご説明いたします。

キャラクターを表示するチャットボットを作成

先に、2番目に起動する「キャラクターを表示するチャットボット」を作成します。
 
(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「チャットボット+」をクリックします。


(3)「パーツ追加」ボタンをクリックします。


(4)「パーツ名」「概要」を入力します。
※画面右上のIDの欄は空欄で構いません。チャットボットプラス作成時に自動でIDが割り振られます。


(5)「ルール」>「タイマー」のプルダウンから、「特定ルールを実行してから」をクリックして選択します。


(6) タイマーのプルダウン右横の欄に「3」と入力します。
※半角数字で入力します。


(7) アクションのプルダウンから、「スタンプ」をクリックして選択します。


(8)「スタンプ登録」をクリックします。


(9) 表示したい画像を選択し、「決定」ボタンをクリックします。

「ファイル追加」をクリックすると、新たに画像を追加できます。

(10)「更新」ボタンをクリックします。

「ありがとうございました」と表示するチャットボットを作成

(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「チャットボット+」をクリックします。


(3)「パーツ追加」ボタンをクリックします。


(4)「パーツ名」「概要」を入力します。


(5) 任意のルールを設定します。
※ここでは例として、「解決した」のボタンがクリックされたら、表示するように設定しています。


(6) アクションのプルダウンから「メッセージ」をクリックして選択し、枠内に「ありがとうございました。」と入力します。


(7)「アクションを追加」ボタンをクリックします。


(8) プルダウンから「特定ルールを実行」をクリックして選択し、枠内に先ほど作成した「キャラクターを表示するチャットボット」のルールIDを入力します。

ルールIDは、チャットボットプラスの起動パーツ一覧の画面で確認できます。

(9)「更新」ボタンをクリックします。


(10) 起動パーツ一覧の画面が表示されるので、いずれも設定したルールを「ON」にします。
※クリックすると、「ON/OFF」が切り替わります。

以上で、「ありがとうございます」というチャットボットを起動した3秒後に、お辞儀しているキャラクターを表示するチャットボットプラスの設定は完了です。

シェアする

フォローする

  • RSSを