訪問者属性を設定する

テキストフォームに入力された値を属性に追加する

チャットボット+のアクションでテキストフォームを選択したとき、テキストフォーム欄に特定の単語を入力することで、該当の訪問者情報を編集することができます。
テキストフォームを利用して訪問者属性を更新する方法は、以下の3種類があります。

チャットボット+のアクション「テキストフォーム」を選択し、
■「属性」を利用する方法
■「チケット」を利用し、「訪問者属性を更新する」にチェックを入れる方法 
■「メール」を利用し、「訪問者属性を更新する」にチェックを入れる方法

 

「属性」を利用した場合

テキストフォーム>「属性」を利用する場合の設定方法をご案内いたします。
 
(1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「チャット」>「機能」>「チャットボット+」をクリックします。


(3)「パーツ追加」をクリックします。


(4)「パーツ名」「概要」を入力します。
※画面右上のIDの欄は空欄で構いません。チャットボットプラス作成時に自動でIDが割り振られます。


(5) プルダウンからアクション「テキストフォーム」をクリックして選択します。


(6) アクションのプルダウンから「属性」をクリックして選択します。


(7)「フォーム要素を追加」をクリックします。


(8)「テキストフォーム」をクリックし、各枠内に入力します。
※該当の項目を必須項目にしたい場合は「必須」にチェックします。


(9)「更新」ボタンをクリックします。

テキストフォーム欄に入力した単語によって、訪問者情報の更新箇所が変わります。

管理情報タブ


■perhapsName:「氏名」が編集されます。
■perhapsCompanyName:「会社名」が編集されます。
■perhapsTel:「電話番号」が編集されます。
■perhapsEmail:「メールアドレス」が編集されます。
 
※システム側で用意されていないフォーム要素を作成した場合、管理情報タブの「電話番号」の下に、オリジナルの属性として追加されます。

 

チャットタブ


■chatName:「氏名」が編集されます。
■chatCompanyName:「会社名」が編集されます。
■chatTel:「電話番号」が編集されます。
■chatEmail:「メールアドレス」が編集されます。
 

リードタブ


■name:「氏名」が編集されます。
■companyName:「会社名」が編集されます。
■tel:「電話番号」が編集されます。
■email:「メールアドレス」が編集されます。

テキストフォームに入力した内容が、そのまま訪問者属性に反映されます。
※ユーザーに表示される画面

※属性が反映された訪問者詳細画面

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする