Watson連携の設定方法

2.未確定データをメンテナンスする

Watsonに問い合わせがあったデータは、「未確定データ」に保存されます。「未確定データ」から「フリーワード設定」へデータを移すことで、効率的にメンテナンスできます。   (1) 管理画面右上の設定ボタンをクリックします。


(2) 画面左「外部連携」>「アプリ」をクリックします。


(3)「Watson」をクリックします。


(4)「フリーワード設定」をクリックします。


(5)「未確定データ」をクリックします。


(6) お客様が入力されたテキストが「フリーワード(単語、文章)」、Watsonが認識した類似率の最も高いナレッジベースのQが「推定クラス名」、その際の類似率が「類似率」として表示されます。


(7)「推定クラス名」が誤っている場合は、「鉛筆ボタン」をクリックします。


(8)「ナレッジベース」が表示されます。


(9) 検索窓にテキストを入力して正しいナレッジベースのQを探し、「チェックボタン」をクリックします。


(10) 修正したデータが反映されます。


(11) 修正したデータ左側のチェックボックスにチェックを入れ、「登録」ボタンをクリックします。


(12)「フリーワード設定」をクリックします。


(13) 検索窓にテキストを入力し、(7)~(10)で設定したテキストが表示されていることを確認したら、「Watson連携」をクリックします。


(14)1.ナレッジベースに回答を追加する」の手順を参考に、再学習させます。  

シェアする

フォローする

  • RSSを