チャットサポートツールとメールマーケティングを連動する方法

近年SNSなど様々なマーケティングの手法やツールが登場し、クリックレートなどではおされている面もありますが、まだまだメールマガジンの役割はマーケティングにとって重要です。さらに、メール配信ツールやマーケティングオートメーションツールの発達により、地域や業種、顧客一人ひとりの行動履歴や属性などに合わせたメールマーケティングも可能になってきました。

では、あなたの商品やサービスに興味のある見込み顧客にメールでマーケティングをしたいと考えたとき、メールアドレスはどう集めればよいのでしょうか。
チャットサポートツール チャットプラスには、チャット以外の機能も多数あります。その機能のひとつである「リード」機能は、訪問者の行動属性にあわせ、メールアドレス入力フォームをポップアップ表示できます。「リード」機能を活用すると、見込み顧客のメールアドレスを獲得し、メールでアプローチできます。

本記事をマーケティングご担当の方にお読みいただくと、
・メールマーケティングの3つの効果を知り、メールマーケティングへの理解が深まります。
・有望な見込み顧客のメールアドレスを取得し、メールマガジンを配信できます。
・メールマガジンを定期的に配信できるようになり、売り上げアップやリピーターの確保につなげられます。

チャットプラスで有望な見込み顧客を獲得し、メールで効果的にアプローチできるようになると、さまざまなビジネスの成功に結びつきますので、ぜひお読みください。

メールマーケティングの3つの効果


様々なマーケティング手法やツールが登場しても、メールマガジンでのマーケティングはなくならず、多くの企業はメールマガジンを配信しています。なぜメールマガジンでのマーケティングは支持されるのでしょうか。メールマーケティングの3つのメリットをみていきましょう。

1.コストを抑えてマーケティングできる

メールは、ダイレクトメールなどの紙媒体や他のマーケティング方法と比較すると、制作コストや送信のコストは圧倒的に安くなります。また、メールマガジン配信ツールの費用も低価格化がすすみ、低コストで効果的なマーケティングを行えます。
メールコンテンツは編集も容易なので、すぐにコンテンツを再作成できるのも大きなメリットです。メール作成にあたっては知識やノウハウもあまり必要ないので、誰にでも簡単に利用できるツールとして利用されています。

2.好きなタイミングで情報を届けられる

メールは、顧客が訪れたタイミングで情報を発信するホームページなどと違い、情報を届けるタイミングや頻度、内容を、目的に応じて送信者が好きなように設定できます。
リピーターの購買意欲をそそるためには、定期的に読んでもらえるようスケジューリングする、売り上げアップするには、売り上げアップに効果のありそうなコンテンツを最適な時間帯に配信するなどの戦術を送信者は自在にたてられます。タイミング良く適切な情報を届けることができれば、購買や契約までの時間を縮め、成約率アップに貢献するでしょう。

3.顧客との距離が近い

メールは、不特定多数の見るようなWebコンテンツと違い、顧客との距離は近くなります。顧客の属性や顧客との関係性によっては、多少くだけた表現や内容でも受け入れられやすくなり、親近感のあるコミュニケーションをとれます。メールの送り手のキャラクターを設定し、メールマガジンをブランディングしている企業もあります。

メールマーケティングの効果を上げるコツ


メールマーケティングの効果を上げるために、メールガジンは定期的に送信しましょう。なぜメールマガジンは定期的に配信するとよいのでしょうか。2つの理由をみていきましょう。

1.顧客との接触を増やし信頼関係を生むから

メールマガジンを定期的に配信し、顧客との接触頻度を増やすと信頼関係が生まれやすくなります。繰り返し接すると好意度や印象が高まる効果は、心理学的にも認められており(「ザイアンスの単純接触効果」という)、メールマガジンにも当てはまります。

2.有益な情報収集先のひとつと認識してもらえるから

定期的にメールを送ると、顧客に有益な情報収集元として認識してもらえるようになります。顧客にあなたのメールマガジン購読を習慣にしてもらいましょう。より習慣として読んでもらうためには、決まった時期に送るのが効果的です。

チャットサポートツールで見込み顧客(リード)を獲得する方法

前章まででは、メールマーケティングのメリットなどをみてきました。続いては、メールマガジンを送る対象者の増やし方をみていきましょう。

チャットサポートツール チャットプラスでは、チャット窓口に加えて、メールアドレス入力フォームをポップアップで表示できます。


メールアドレス入力フォームは、タイトルや項目、背景色や表示位置などを自由に編集できます。御社のロゴやキャラクターなども表示できます。
サイト訪問者の目を引くデザインを設定し、見込み顧客を増やしていきましょう。

リードのデザインを変更してみる
https://app.chatplus.jp/admin/cp/lead-design

デザインを設定したら、メールアドレス入力フォームを表示する条件を考えましょう。たとえば商品ページを何秒以上ご覧になっている方、サイトに何度も訪れている方、などターゲットを絞って表示できます。

リードの起動設定をしてみる
https://app.chatplus.jp/admin/cp/lead-startup

集めた見込み顧客は、チャットプラスに蓄積されます。チャットプラスでは、外部システムとのAPI連携も可能なので、メール配信スタンドやSFA・CRMなどと連携すれば、他社ツールと連動したメールを自動配信できます。

まとめ


いかがでしたか。

本記事をお読みいただいたあなたは、
メールマーケティングの3つの効果をご理解いただけました。
効果1 コストを抑えてマーケティングできる
効果2 好きなタイミングで情報を届けられる
効果3 顧客との距離が近い
さらに、チャットプラスの「リード」機能を活用して見込み顧客のメールアドレスを取得し、メールマガジンを配信する準備もできました。

チャットサポート窓口と合わせて、メールアドレス入力フォームを設置すると、見込み顧客のメールアドレスを獲得し、効果的にアプローチできます。
ぜひ、メールマーケティングを定期的に行い、顧客との接触を増やし信頼関係を生み、顧客に有益な情報収集先のひとつとして認識してもらい、売り上げアップやリピーターの確保につなげていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。